ぴかぴか☆ひよこ

私の好きなドールを中心に好きなもの日記です。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チョコの病院

またまた日にちが開いてしまってすみません。

先週の土曜日の事、チョコのトイレに普通の大きさの糞に交じって
少し小さいのを見つけました。
いつもガツガツと食べてしまう餌(ペレット)も残してるな~と
思っていたのですが、翌朝も餌や牧草が減っていなくて
糞も米粒より少し大きいだけのがあったので心配になり、病院に行くことに
しました。

近くの動物病院は2~3見つけていたのですが、事前に行ったことは無く
その中でもエキゾチックアニマルや野生動物も見てくれる病院に行ってみました。
朝一番で駆け込んだのですが、入ってビックリ
診察室が2階なのですが、階段を上がってすぐ、そのまま診察室で
ドアも何も無いのです!(動物が落ちたらどうするの?)

先生(女医さんでした)に病状を話した後、先生が私に「この子は抱っこできますか?」と聞くので、できませんと答えると床にキャリーを置いてくれたのはいいのですが、看護師さんがキャリーの中からチョコを無理やり引っ張り出して、先生と二人で前と後ろからガッチリ抑えたのです!
私もビックリしましたが、チョコはもっとビックリしたと思います。
知らないところに来て、無理やり引っ張り出されて抑えられて、無理やり口の中も見られて最後に注射をブスッとやられました。

何分もかかっていないと思うのですが、その間かわいそうで見ていられなかったです。
家に戻ってもゲージの中で立ったり座ったり落ち着かなくて、少し目を離したすきに自分の毛をむしってしまいました。
その後、牧草を口にくわえて頭を振ったり、毛をむしるのも3日くらい続きました。
私はもう、ごめんねごめんね・・・と謝るしかなくてチョコに申し訳なく思うばかりでした。

次の日にちゃんとうさぎを診てくれる横浜の病院に行こうと思いましたが
チョコが嫌がってキャリーに入ってくれませんでした。
しまいには「きゅ~ん」と行きたくないと言うように泣かれてしまったので
諦めました。
幸い、その夜から餌も牧草も食べ始めてくれて(注射がきいたのか、チョコの頑張りだったのか)糞も段々と大きくなり、一週間たった今日は元気に 飛び跳ねています。

チョコに怖い思いをさせた事、何であんな病院に行ってしまったのかと
後悔ばかりしています。
なのでうさぎさんを飼っている方には病気になる前に、うさぎをちゃんと
診てくれる病院かどうか、事前に調べてあげてください。
うさぎを本当に診られる先生は少ないと思います。

こんなダメダメ飼い主でも慕ってくれるチョコの為にも
私もこれからは、自分の目で足で確かめて、うさぎの事勉強していきたいと
思います。
【 2011/01/30 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。